ウィルさいたまは、生き方を応援するさいたま市の葬儀社です。

ブログの記事一覧
blog's Archive

CareTEX2019

最終更新日:2019/02/09

昨日から雪の降る前の寒さだった

東京ビックサイト

到着すると、

なんだか魅力的な展示会が目白押しで・・・

3Dプリンタにバーチャルリアリティに

航空宇宙機器に工場設備!

 

理工系オタク心がくすぐられます。

 

しかし誘惑にも負けず

こっちこっち。

いってきました!

ケア展示会 「CareTEX2019」

 

先ずは感想。

 

なんというか・・・

お葬式の展示会よりおもしろかったなぁ☆彡

 

素直に楽しかったです。

 

ロボありデジタル技術あり

※握力を補助してくれるものや、手のリハビリしてくれるものなど

 

電動介護機器あり。

センサーや認知システムの進化に合わせて

どんどん変わっています。

 

父の介護のときにあったらよかったのになぁ

なんていう近未来製品たち。

 

世の様々な技術革新が

ゆっくり浸透する葬儀業界と違い、

 

あんなものも

※彼らは人の顔を認識して目で追いながら話します

 

こんなものも

※膀胱のふくらみを計測し、尿意を予測する装置

 

ついつい

触ったり試したりしたくなるものばかり♪

 

広い会場の奥の方には

ココはジムですか?

というようなブースが並び、

 

介護業界、元気あるなぁ。

という印象。

 

今回の目当てはいくつかあったのですが、

その一つは、

 

「おひとり様の見守り支援」アイテムです。

 

家族葬で葬儀をおこなうと、

そのあと孤立しがちな方もいらっしゃるので。

 

それはわるいことばかりじゃないと思いますが、

必要に感じるときもあるんじゃないかと思いまして。

市場調査を少々。

 

やはり目を引くのはロボ系ですが、

ベッドサイドで見守りながら、ときどき声をかけてくれたり、

看護師さんに連絡を取ってくれるようなロボ君も。

彼らはやや介護度が上がってからのアイテムのようですね。

 

そのほか、

IoT電化製品のセンサーを使ったもの

センサー付きカメラを使ったもの

音響センサーを使ったもの

マイクロ波を使って体表の動きから脈拍呼吸を推測するもの

センサー機能の付いた「見守り電池」なんてものまで!

その他諸々よりどりみどりでした。

 

 

話は尽きないですが、

そのうちまた。

※すっかり見慣れてしまったペッパー君

 

3月には大宮ソニックシティで

おひとり様の為の終活講座を行いますので、そのときにでも。

2019年 初 駅前掃除!

最終更新日:2019/01/29

遅ればせながらご報告です。

 

1月19日(土) 朝9時から

 

この時期は、良いお天気でも

風が吹くと身に染みる寒さです。♪

が、

普段の行いが良いのか、

午前中は、

ほぼ無風でポカポカでした。

寒いなか集まってくださったみなさん、

ありがとうございました!

選ばれるお店

最終更新日:2019/01/03

今日も行って参りました

新年巡回(パトロール)

新年の氷川神社は

屋台がずーっと出ているから好きです。

三が日は、大宮駅から歩いて10分ず~っと、

ヒト、ひと、人!

人が多いですね~、この寒いのに。

 

数年前に、

ブログやかわら版で取り上げましたが、

 

今年も「行列のできる広島焼き屋さん」を求めて歩き回ると、、、

 

今年はないのかな?と思ったころ、

お宮まであと少しのところに、

 

今年もありました!

ときどき見かけない年があるのですが、

やはり今年も行列です。

わたしは14人目

 

参道入口からここに来るまでには

7件の広島焼き屋さんがあったのですが、

 

お客さんの待っているお店はゼロ!

 

どのお店も、

焼きあがった広島焼が店頭に積みあがっているのに。

 

お店の方々は退屈そうにしたり

つまらなそうな顔をしていたり、

のようでしたが、、、。

 

このお店だけフル回転です。

この方はご主人かな?

 

並んでいる方を見ると、

わたしより年長の方が多いんですよ。

 

これって凄くないですか?

 

で、並んでいる方に聞いてみると、

やっぱりこの店目当てで来たとのこと。

 

数年前のときもそうでした。

キャベツの高かった年でしたが、

「いつも新鮮なキャベツがたっぷりなの」

と、常連のお母さまが語っていました。

 

「ココの広島焼きは、冷めてもおいしいの」

と、6個も買って帰るお母様も。

お子さんやお孫さんへのお土産なのでしょうか。

 

それにしてもこの屋台のお母さん、

仕事がゆっくりで(^_^;)

 

行列ができてるのに、丁寧に丁寧に。

ときどきお店の整理なんかし始めちゃうし。

それでも皆さんおとなし~く待っています。

わたしが並んでいる間は、

そこそこ待ちましたが、だれも脱落せずに

みんなよい子に待っていました。

 

お店のご夫婦?が、マイペースに丹念につくり、

焼きあがると出来たそばから売れていくわけです。

 

どうせ働くなら、こういう商いがしたいですね~。

行列ができるほどの

「選ばれるお店」です。

 

他店とやっていることに

大きな違いがあるようには見えないのですが。

 

結果は圧勝です。

 

私たちも選ばれる会社をめざそうね、と、

 

感化されつつ

今年も3が日のパトロールを終えることができました。

帰ってから食べてもやっぱりおいしかった♪

 

本年もよろしくお願いします。

[吉澤]

※店頭に並ぶ大きなタコを見つけ、

「ココにします!」とたこ焼きを買う佐藤くん。

 

食べて一言。

「詐欺られた~」 と。

 

ちぃ~っちゃいのが入っていたそうです。(笑)

 

二度と行かないことでしょう。

こちらは悪いお手本のお店ですね。(汗)

佐藤の目が大変なことに・・・

最終更新日:2018/12/27

こんにちは

ウィルさいたま 佐藤でございます。
すっかり日が空いてしまいました。

12月に入り、一気に寒さが増し
ウィルでも暖房器具がフル稼働しております。

今日はここ最近の佐藤の近況を
お話をさせていただきます。

まずはこのお写真ですが、、、

ひどくないですか?笑

初めは片目のみ充血していて

ものもらいでもなったのかなぁ

くらいでしたが、

あっという間にもう片目もなり、

涙が気づくと垂れてきて、

リンパはポッコリと腫れて

しまいには白目に水泡?

までできてしまい

不安になりネットなどで検索すると、、、

失明の可能性があるやら

視力が低下するやら怖いことばかり

佐藤の眼はどうなってしまうんだ(T_T)

案の定ますます不安になりました。笑

とういわけで病院へ。。。

受付では

「今日はどんな症状で・・・

あっ。大変ですね。」と一言。

やはりここまでなるなんて普通じゃないんだなあ

とドキドキしながら診察を済ませ、

診断結果を待っていました。

診断結果としては

はやり目(ウイルス性角結膜炎)という

結膜炎の一種のようでした。

話を聞くと自然に出てくる涙が止まるまでは

移る可能性があるから休みなさいと言われ

おとなしく休暇をとり、

毎日処方された目薬と目に直接塗る軟膏を

目に塗り続けました


(こんなにいっぱい目薬を処方されました。)

また普段コンタクトもしない佐藤は

軟膏を塗るのも一苦労です。笑

現在は無事症状は治まりました!

もう本当に安心しました。

みなさんも寒さからくる

体調不良や古傷の痛みなど

出ている方も少なくはないのでは

ないでしょうか?

今年も1週間をきりました。

年末でお仕事なども追い込みで

忙しいとは思いますが、

私含めみなさんも無理せず!

しっかり養生してくださいね。

ウィルさいたま 佐藤でした。

冬の夜空に

最終更新日:2018/12/16

冬の夜空に

空気が澄み星空のきれいな季節ですね。

オリオン座、プレアデス星団、シリウス・・・
冬の夜空は一年中でもっとも豪華版です。

そして先日13~14日の夜に「ふたご座流星群」!!
みなさん、ご覧になりましたか。
私は今年も庭先に出て見上げてましたが、
どうやら見逃したようです。

さまざまな生命体を育み、
一年をかけて太陽の周りを廻りながら星々を見せてくれる
私たちの地球は銀河のメリーゴーランドですね。

我々は運命に翻弄されるだけの塵のような
ちっぽけな存在か。

いや、東洋哲学には、人間そのものが一個の小宇宙で、
誰もが自らの意思と行動によって運命を切り開いていける
宇宙大の可能性を秘めているといわれています。

そう考えると、私たちと大宇宙とは無関係ではなく、
小宇宙である自分のギアと大宇宙のギアを
キチッと噛み合わせていければ、
単に宇宙に包まれる存在だけでなく、
大宇宙を包み返していけるほどの
無限の力を発揮できるというわけです。

たしかロシアの宇宙飛行士・セレブロフ博士は
「外なる宇宙」を見つめることは「内なる宇宙」を
見つめることに通ずる、と述べていました。

大宇宙には想像も及ばないような神秘があふれ、
その雄大さから自分を見つめ直してみると、
「なんてちっぽけなことで悩んだり、いがみ合ったり
しているんだろう」と思えてきます。

心せわしい年末、この一年を振り返りながら、
ちょっと夜空を見上げる心の余裕があれば、
星空の彼方に希望の光が見えてくる。

さあ、今年最後の底力を出して、
一人ひとりが明年への新たな前進を開始できるよう、
全力で戦っていきたいものですね。

(谷島正子)

4時間耐久!

最終更新日:2018/11/27

先ずは結果から!

 

じゃ~ん

2位!

 

シーズン中はライバル関係の

19歳と20歳、

疲れ知らずの

若者二人の力をお借りしまして。

 

何より、大会が無事終了してホッとしました。

今年も滞りなく、ほどほど無事に(?)

終えることができました。

参加者もたくさん集まってくれましたし♪

 

さあ、来年こそは優勝だー!

※帰り道には、

「吉澤」

イベント開催 ミニバイク4時間耐久レース

最終更新日:2018/11/13

毎年、11月の末には、

若いころからお世話になっているレーシングガレージの主催で、

ミニバイクレースを開催しています。

わたしは「言いだしっぺ」として、

実行委員のようなことをや、

当日の会場設営全般を

長年担当しています。

(確か今年で25年目かな?)

 

現役のレーサー

元レーサー

メカニックやお手伝いをしていた方

そのお友達や家族

 

などその他諸々の方も交え、

老若男入り混じり、

 

1チームあたり2人~5人程度で、

50ccの小さなバイクで。

一周1キロに満たない小さなコースで、

4時間耐久レースを行います。

 

ライダーが交代で走り、

途中ガソリンを補給したり、

壊れたら修理をしたりして、

4時間経った時点で、一番多く周回を重ねたチームが優勝です。

※2015年は優勝でした♪

 

50ccの小さなバイクで

一周1キロに満たない小さなコースを走るので、

当然スピードも低く、

大きな事故は、まずないだろうなぁ、

というレベルなのですが、

 

案外みんな、事前から本気準備してやってきます。

内緒で練習に行ったり、

こっそり改造して来たり。

まあ、元レーサーなんて、

負けず嫌いさんの集まりですからね(^_^;)

 

 

でも、こういうイベントって、

やれば必ずと言っていいくらい、

 

(ごく少数ですが、)些細に感じるようなことで

開催側に苦情を言ってくる人っているんですよね。

 

例えば、

良かれと思ってBBQなどで食べ物を振舞ってみたら、

「遅く行ったら食べ物が残ってなかった」とか、

「一部の人がたくさん食べていた」とか。

自分に割り当てられた駐車場が遠いだとか、

ゴミ箱がないとか、トイレがわからないとか。

そのレベルのことがいろいろ。

 

ボランティアでお手伝いをいただいている

元チーム員たちの家族やお友達に対して、ブツブツと。

 

意外にも?傷ついているスタッフもいる様子です。

 

ちなみに私もボランティア、というか、

むしろ無償で設備も運搬設営していますし、

運営費だって協賛している側なのになぁ。

なんなのですかね?

 

お店でも飲食店でも、

遊びに行っても役所に行っても、

店員さんを偉そうにしかりつけているクレーマーさんっていますよね。

「お客様」のような立ち位置に立つと、

俄然偉そうに、

目下のものを叱りつけるような口調になって。

 

あれ、横で見てて残念な気持ちになります。

 

「お客様は神様です」

とは三波春夫氏の使ったフレーズですが、

曲解している人多いんだなぁ。

歌い手の心もちとして、三波氏がお客様に向けて

「神様です」と言っていましたが、

そのお客様たちは、

自分たちは神だ、なんて主張していなかったですから。

 

さらに、長いこと葬儀にまつわる仕事をしていますが、

神様が細かいことでネチネチ文句を言っているのを

見たことがありません。

 

と、すっかり愚痴になりましたが、

そんなこと言いながらも、

自分が同じことをしてしまわないように、

気をつけなきゃいけないですね。

 

 

それでもやっぱり、

大会が終わった後に、

「楽しかった」とか「来年も楽しみ」とか

そういう声を耳にすると、

また来年もガンバロー!

って思うんですよね。

レーシングガレージの社長の笑顔も見たいですし♪

さて!

今年は11月25日(日)開催です。

 

大会運営もそうですが、

ライダーとして、

チーム監督としてもがんばります!

 

 

明日14日(火)は、コソ練に行くぞ~♪

「吉澤」

我が家の生前整理

最終更新日:2018/11/06

吉澤企画には、

本年6月より

 

「リリーフかわさき北」

という遺品整理の

新しい事業部ができました。

イメージしやすくするために

「遺品整理」

という言葉を使っていますが、

 

もちろん、

生きているうちに整理する、

「生前整理」の依頼もお受けしています。

 

「断捨離」のお手伝いみたいなものでしょうか。

お歳を召した お一人暮らしのかたの中には、

身の回りのことに手が回らなくなり、

だんだんと家が散らかってくる方が少なくありません。

 

散らかってくる程度なら良いのですが、

気が付けば足の踏み場がない、

という方もいらっしゃるようです。

 

そんな方が自宅介護を必要とするようになると、

介護ベッドを置かなければいけなくなったり、

介護者や医療従事者に来てもらうようになったり。

 

今のままでは

ベッドの置場も人の通り道もないので・・・。

 

というような理由から、

生前整理のご依頼をいただくことがあるようです。

 

先日お片付けのご依頼をいただいた あるお宅では、

お一人暮らしの一軒家から、

2tロングの大きな貨物車いっぱいの

ゴミ(というか、整理品)が出てきました。

すごい量ですね(汗)

 

人は慣れる生き物ですから、

その散らかり具合に不自由はしていない様子でしたが、

 

いちど綺麗になった部屋を味わったら、

きっと「元には戻りたくない」と思ってくれるんじゃないか。

と、ちょっと期待しています。

 

さて!

そんなことで、

先日我が家でも挑戦。

 

娘に侵略された(元)私の部屋に

残っていた私の私物

(私の部屋は完全に侵略されました)

 

息子のゲーム

亡くなったラッキー君(犬)のゲージ

猫たちの壊れたトイレ

壊れた空気清浄器

他もろもろ

どれも思い出が詰まっていましたが、

断腸の思いでお別れしました。

 

今となっては本職ですから、

リサイクルできるものはきちんとリサイクル、

リユースできるものはきちんとリユース♪

 

いやぁ、

すっきりしましたよ。

 

(職権を乱用して、スタッフには

すっかり手伝ってもらっちゃいましたが)

 

おすすめです。

私も!という方は

ご相談くださいね(^_^)v

「吉澤」

自転車通勤デビュー♪

最終更新日:2018/10/29

先日予言したとおり、

やはりAI広告の誘いにのり

 

購入いたしました!

いやぁ

えらんだえらんだ。

迷った迷った。

 

まあでも、

試してみなけりゃわからないですからね♪

 

そんなことで、

条件に合った車輛をゆっくり探しました。

 

1.すぐ飽きちゃわないように、そこそこの性能は欲しい

2.すぐ飽きちゃったときのために、安いものから始めたい

3.膝、腰に合わなかった時のために、安いものから始めたい

4.入門者におススメ!というようなものが欲しい

5.ギヤチェンジはこんなやつがいい

などなど。

既にやめたときのことばかり考えているようですね。。。

 

で、時間をかけて、

とても安くて性能まずまず!

の中古車をヤフオクで見つけて、

 

ぽちっ と。

じゃ~ん♪

 

アルミフレーム

9.25kg

ギヤ9×2段変速

通勤に使うとなると、

帰りの夜道で撥ねられないように、

ライトをつけて、スマホホルダーも。

後ろ側の表示灯も。

ペダルも改造して。

 

で、今朝から自転車通勤開始!

 

※自撮りヘタですみません

 

デビューには最高の秋晴れでした。

浦和美園から大宮までの通勤時間は、

車だと30~40分のところ、

 

40分強♪

涼しくてじんわり汗ばむ程度

 

気もちい~ですね~♪

 

着いたばかりですが、

もう帰り道が楽しみかも(笑)

「吉澤」

お墓の講座

最終更新日:2018/10/23

先日、ウィルかわさきの
「家族葬ホールのぼりと」にて、

お墓と散骨・樹木葬
の講座を開催しました。

開催したといっても、
講師は従兄にやっていただきました。

どこか似ていると、よく言われます。

有限会社 吉澤石材店 の

吉澤光宏社長です。

 

私、吉澤の本家は、

260年くらい前から石材店をやっておりまして、

亡き父も石屋でした。

 

なので私たちは、

沢山の墓石やら庭石やらに囲まれつつ、

すくすくと育ったわけです。

でもやっぱり、私は次男坊のウチの次男。

 

本家長男の家に育ったそのまた長男は違いますね。

 

講演する姿から、

強い石材愛を感じました。

 

お話に説得力がある!

※若干の身内びいきはスルーしてください。

私自身も、

お墓って意外にいいものだなぁ。

と思うことがありますし、

息子や娘が父のお墓詣りに行った、

なんて話を聞くと、

嬉しい気持ちになったりもします。

 

「お墓はいらない」とか、

「墓じまいしたい」とか、

頑なになっている方をまえにすると、

本当は、

「もうちょっとよく考えた方がよいのになぁ」

などと思うことがあります。

 

その人にとって、

その家族にとって、

その一族にとって、

あったやり方があるわけで、

このオタクには きっと、

お墓があった方がよいのに。

 

なんて感じる方も少なくないのです。

 

でも、

敢えてわざわざ否定するのも申し訳ないとか、

どうせそんなアドバイスを求めてないだろう、とか、

 

やり過ごしてしまうんですよね・・・。

 

 

でもやはり、本家の長男!

お墓伝道師としての情熱が違うなぁ。

 

体験に基づく

「墓じまい失敗談」など、

引き出しが多く、勉強になりました♪

 

墓石不要との持論をお持ちの方も、

「うんうん、確かにそういう考え方もあるよね」

 

と、耳を傾けて下さっているようでした。

 

 

さて、11月7日(水)には、

同様のテーマで、

私、吉澤がお話をいたします。

場所は大宮ソニックシティ。

時間はあさ9時30分から。

まあ、私は次男坊のウチの次男の立場だから言える、

お墓や自然葬などについての

ニュートラルなお話しするつもりです。

 

よかったらどうぞ。

 

あ、

参加されるときは、

事前に一報 ご連絡くださいね。

「吉澤」

24時間365日対応 お葬式の事なら何でもお問い合わせください。ご予約・ご相談お気軽にどうぞ。お見積り・ご相談無料 無料相談フォーム