ウィルさいたまは、生き方を応援するさいたま市の葬儀社です。

お葬式関係の記事一覧
%e3%81%8a%e8%91%ac%e5%bc%8f%e9%96%a2%e4%bf%82's Archive

花(籠)刺し講習2

最終更新日:2012/12/13

寒い昨夜に続き、

本日は午後から夜更けまで
ぶっ続けの講習会です。

といってもぶっ続けなのは、

講師を務めてくれた原田さんだけ。

マンツーマンに近い形で指導を
いただこう!

というぜいたくコンセプトにより、
 
お昼過ぎからかわるがわるに
やってくるスタッフたちに、

ほぼ立ちっぱなしで教え続ける原田さん。
素晴らしい出会いに感謝です。
 
夜の部は、さすがに足元からじんじんと
冷えてきますが、

みんな言葉少なく真剣そのもの。

うん、感動です。
がんばれ若者たち!

今日は皆さんお疲れ様でした。
くれぐれも皆さん、風邪をひかないように!

遺影写真

最終更新日:2012/11/30

「終活」という言葉が
今年の新語・流行語大賞になった、
というニュースが11月20日に流れましたが、

そんな中、遺影写真をお元気なうちに
撮っておこう、というブームが
起こっています。

綺麗な服を着て、綺麗なお顔で
写真を残しておこう、と考えるのは、
男性に比べて圧倒的に女性が多い
ようですね^^

これって個人的には良いことだと
思っています。

遺影写真といえば、
昔のイメージでいうと、
仏間の欄間に並ぶ、黒縁の
遺影写真たちですよね。

写真というものが生まれて以降の
代々の写真が、
みんな喪服を着て、黒ネクタイで。

それが普通だったと思います。

ところが、核家族化どころか、
親子別居、おひとり様の増えた
この頃では、

仏間や仏壇なんて無い家が多いですし、

構造的に欄間なんていうものがない家が
多くなっていますので、

遺影写真は、生活空間に近づき、
リビングルームの家具の上など、
身近にかつ小さく存在するように
なってきています。

お葬式の時に使う大きな写真は、
お葬式が終わると押し入れに
しまわれてしまったり、

この頃では、

「すみませんが、葬儀屋さんで
引き取っていただけますか?」

なんてことを頼まれることも増えてきました。

そんな昨今、
リビングにやってきた遺影写真は、

もう黒枠に喪服では、
生活に溶け込みにくくなっているようです。

それは悪いことじゃないと思います。

リビングには普段着で笑顔の写真が置かれ、
 
※↑お元気なモデルさんの写真です
  念のため。

家族はその写真に毎朝
「おはよう」
と、声をかけ、

嬉しいことを報告し、

ときには悩みを聞いてもらい。

家族の中で生き続けるのです。

だから、そんな遺影写真が、
免許証の証明写真のように、
怖い顔をしていたら、ちょっと
話しかけづらいですよね。

生活の中での遺影写真のポジションは、
確実に変わってきているのです。

ウィルでも、近いうちに
プロのグラビアカメラマンを招いて、
撮影会をやろうと企画中です。

おしゃれをするだけじゃなく、
モデルさんからいい表情を引き出す
プロのカメラマンを呼んじゃおうと
思っています。

いろんな仲間がいるものですから^^

関心のある方は、ぜひご連絡を。

米重せんべい

最終更新日:2012/09/11

嬉しいいただきものです♪

 
月初にお葬式のお手伝いさせていただいた
ご遺族からのいただきもの。

おせんべい好きの私には、たまりません!

今回の喪主、I様は、草加のせんべい屋さん。

米重せんべいです^^
 
私の好きな、硬い煎餅ばかりみつくろって
くださいました♪

うるち米から作って、
ちゃんとお店の裏庭で天日干しにして、、、

そんな作業シーンも、お葬式の期間中に
見せていただきました。

役得やくとく。

お土産をいっぱい買おうと
お財布を出したら、、、

ほんと、催促したわけじゃないんですよ!
ホント!

一枚一枚形が違って、その微妙な表情の
違いに、愛情を感じながら、

さっそくもう、バリバリ食べてます。

ちょっとお醤油控えめで、

もち米の歯ごたえ満点。

どうです?

食べてみたくなったでしょ?

米重(こめじゅう)さんのことなら、
ウィルさいたまへ!(笑)

24時間365日対応 お葬式の事なら何でもお問い合わせください。ご予約・ご相談お気軽にどうぞ。お見積り・ご相談無料 無料相談フォーム